タイヤホイールの種類と特徴

本03普通に見かけるタイヤホイールには3種類あり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 まずはおなじみのスチールホイールですが、「安い・丈夫・安全」が売り物です。アルミに較べて

やはり錆びやすいですが、サビをとってスプレーなどで塗装してあげれば大丈夫。万一パンクしても

丈夫なので多少の距離はリムで走れます。しかし、実用重視でデザインにはお世辞にも華があるとは

言えません。
 アルミホイールはスチールホイールよりも軽いのでハンドルさばきが軽くなったり、燃費向上も期

待できます。ただ、アルミ合金でスチール並みの強度を持たせるためには結局肉厚になって軽量化の

効果は思ったほど期待できない場合もあります。それよりも、腐食やサビに強いことや、何といって

もデザイン性に優れたものが多いことを重視して買う人が多いのではないでしょうか。以外な利点と

しては熱伝導に優れているのでブレーキなどに熱がこもりにくいのです。ただし、あまり軽さを求め

ると強度の点で懸念が生じます。

 最後にマグネシウムホイールです。アルミホイールより更に軽量化し、操作性や速さの性能向上に

こだわっています。ただ、価格面や耐蝕性・耐衝撃性においては公道を走る自動車に適したものとは

言えません。