ホイールの素材は?

ホイールの素材は、スチール、アルミ、マグネシウムと3種類あり、それぞれ特徴や性能が異なり

ます。

スチールは、鉄製で製造された物で、コストが安価で大量生産に適しています。

また、鋳造によって生産されているため構造分子密度が粗くなり、放熱性や剛性が低くなる傾向

にあり、デザインも限られ、重量も重くなる事からスポーツカーやハイパフォーマンスカーには不

向きで、一般大衆車や商業車に多く使われています。

アルミは、原料に軽量のアルミニウムを使用したアルミ合金製で製造された物で、溶かしたアルミ

ニウム合金を金型に流し込んで成型する鋳造と、アルミ二ウムや合金の塊を何千トンもの高圧力で

押し潰して成型する鍛造があります。

また、アルミニウムを使用することにより、軽量で剛性や放熱性が高くなり、加工も容易にできる

のでデザインの自由度が大きいのが特徴で、市販車にも多く使われています。

マグネシウムは、マグネシウム合金で製造された物で、スチールやアルミに比べて剛性があり、重

量が軽いのが特徴です。

しかし、加工が難しいのでデザイン的な自由度は少なく、材料が高価なので一般的にはあまり使用

されず、モータースポーツなどで多く使われています。

Comments are closed.