ホイールの製造方法「鋳造」

自動車のアルミホイールに関しては、その作り方については大きく分けると2種類のタイプに分類

することができます。鋳造と鍛造と呼ばれている方法になりますが、鍛造の製法としては、プレス

機によってアルミに圧をかける方法で製作されているものになり、その一方では型に溶かしたアル

ミを流し込むことによって製造する方法になります。この方法を選択している場合では、大量生産

を行うことが可能とされていて、常に均一な製品として製造することもできます。コストがかから

ないことも特徴とされており、見た目に関しては、継ぎ目の無い状態のアルミホイールを作り出す

ことも可能とされています。しかし、近年では多くの構造を持っているものが用意されていて、例

えば1ピースや2ピース、3ピースなどと呼ばれているものが用意されています。例えばリム部分と

スポークの部分を別々に製造して後に組み合わせる方法なども用意されています。デザイン性の豊

かなものが多数用意されているものですが、機能性に関してもしっかりと計算された上で設計され

ているものが基本とされており、特に3ピースタイプの場合では、細かいセッティングや、後の修理

加工なども容易にできるメリットを持っています。

Comments are closed.