ホイールの製造方法「鍛造」

ホイールは、スチール、アルミニウム、マグネシウムといった金属素材から成型されています。

ホイールの製造方法は以下の2つがあります。

■鍛造・・・熱しながら金属に圧力を加えて製造していく方法です。フォージング(forging)加工
とも呼ばれています。この方法を説明するために最も分かりやすい例は古来からある刀鍛冶です。刀鍛冶の作業では、鋼の棒や板に超高温で熱しながらハンマー等でカンカンと叩き出して成型を行っていますね。そうすることで内部の隙間をつぶしたり、結晶の方向を整えて、目的の形状に成型すると共に強度を高めているわけです。現代の加工法は、プレスマシンによる熱間、冷間が主流です。鋳造に比べてより強度、剛性、耐久性に優れたホイールが製造可能となります。当然ながら価格も鋳造より高いのが普通です。

■鋳造・・・高温下で鋳型に溶かした金属を流し込み、最終的には冷やして製造します。キャスティング(casting)加工とも呼ばれています。鋳造では、充填不良や鋳巣(内部に空洞ができること)といったものが常に伴い、強度面で劣ります。鋳造の最大にメリットは、高い生産性です。当然ながら製品の価格もフォージング加工によるものより安くなります。

Comments are closed.